ファーマコビジランスのための文献スクリーニングサービス

ファーマコビジランスのための医学文献モニタリングの最大の課題の1つは、レビュープロセスです。適切なレビューチームが配置されていなければ、最高のファーマコビジランスワークフローであっても、ICSRのための論文を見逃したり、報告書や安全性シグナルを集計したり、レビュー量の多さに苦労することがあります。

Dialog Solutionsがお手伝いします。当社の経験豊富な文献レビューサービスチームは、多くの製薬会社にこのサービスを提供し、文献レビュープロセスの完全な管理、関連する論文の効率的な監視、レビューを行っています。

お客様のニーズや、医薬品の安全性のための文献モニタリングをどのように改善するかについてのご相談は、株式会社ジー・サーチまでご連絡ください。

ファーマコビジランスのための文献スクリーニングサービスの提供方法

当社の文献レビューサービスチームは、お客様の医薬品安全性報告プロセスの延長線上にあり、お客様ごとの特定のニーズに合わせて適応することができます。弊社の専門知識と技術を駆使して、医学文献モニタリングのあらゆる要素についてアドバイスすることができます。

Dialog Solutionsの文献スクリーニングサービスは、当社の代表的な Drug Safety Triager プラットフォーム上に構築されています。様々な情報原からの関連文献がDrug Safety Triagerにインポートされ、重複した文献や不必要な文献が削除されます。

Drug Safety Triagerを使用することで、当社の文献レビュー担当者は、より正確かつ効率的にトリアージ作業を行うことができます。これにより、ICSRを見逃すことなく、関連性のあるICSR以外の論文を適切に処理することができます。当社のチームが行うすべての作業は、厳格な品質基準に基づいており、お客様の検証済みの文献ワークフローの一部を形成しています。

経験豊富なチーム

私たちは、文献レビューチームの質の高さと専門知識に誇りを持っています。このチームは、業界での豊富な経験と幅広い製品や治療分野の知識を持っています。

このチームは厳格な基準に基づいて作業を行い、ICSRの欠落、ICSRの過剰提出、集計報告書や安全性シグナルのための論文の欠落など、さまざまな手段を追跡しています。

信頼できるパートナー

Dialog Solutionsは、ファーマコビジランスのためのソフトウェアやサービスだけではありません。私たちは、お客様の医薬品安全性報告プロセスが遵守され、検証され、効率的であることを保証するために必要なコンサルティングを提供します。

そして、お客様がファーマコビジランスの義務を確実に果たすためのプロセス、技術、チームを設置するためにお客様と協力します。

Drug Safety Triager

Drug Safety Triagerプラットフォームは、GxP検証済み、準拠、監査対応のシステムで、文献レビューを管理、効率化します。

これは、当社の文献モニタリングサービスの不可欠な部分であり、世界のトップ製薬会社の60%で使用されています。

このプラットフォームは、医学文献モニタリングを完全にコントロールされた効率的でコンプライアンスに準拠したプロセスにし、文献レビュー担当者の作業を効率的、効果的、かつ徹底したものにします。

完全なワークフロー

ファーマコビジランスのための文献モニタリングへのモジュール式のエンドツーエンドのアプローチを提供します。文献レビュープロセス全体に対して、合理化された効率的でコンプライアンスに準拠したアプローチを提供することができます。

当社の完全なファーマコビジランスのワークフローには以下のものが含まれます。

  • すべての重要なコンテンツにアクセスして検索するためのDialogプラットフォーム
  • 複数の医薬品の安全性検索戦略を管理するためのDialog Alerts Manager
  • 文献レビュープロセスを効率化するDrug Safety Triager
  • 文献レビューサービスによるレビュープロセスをサポート

Dialog Solutionsでファーマコビジランスのための文献スクリーニングサービスを始めましょう:

ファーマコビジランスのための文献スクリーニングサービスで医薬品安全性モニタリングへのアプローチを改善する方法について、今すぐご相談ください。