Dialog新機能: 検索戦略の共有が可能に!

February 18, 2021

保存した検索戦略の共有と効率的な管理が可能に

Dialogでは、経験豊富な情報の専門家から初めてDialogを利用する方まで、誰もが必要な情報を簡単に見つけられるよう、継続してプラットフォームの機能改善に努めています。

この度、検索戦略の共有機能が公開されますのでお知らせします(米国東部時間2月19日 (金)公開予定)。

共有検索戦略(Shared Saved Searches)とは?

Dialogの「共有検索戦略」機能を利用することで、情報専門家が作成した検索戦略を整理・管理して他のユーザーと簡単に共有できるようになります。これは、組織内のDialogユーザーであれば誰でも、情報専門家が作成した高度な検索戦略にアクセスして実行することができることを意味します。

想定される利用シーン

情報専門家や図書館の検索担当者にとって、「共有(Shared with Me)」 ワークスペースは業務の効率化を可能にする便利な機能です。保存したすべての検索式やアラートの管理が容易になり、自身が作成した複雑な検索戦略をエンドユーザーに使用してもらうための便利な方法を提供してくれます。検索戦略の作成依頼が多く寄せられている場合は、エンドユーザーが検索戦略を利用できるようにすることで、情報管理部門の担当者の方は、他の業務に時間を割くことができます。

エンドユーザーは、「共有(Dialog Shared Content)」  ワークスペースを使用して、情報担当者が作成した複雑で正確な検索戦略にすぐにアクセスできます。これにより、必要なときに、他の人を介さずに文献調査の最適な回答を入手することができます。

共有ワークスペースの使い方は?

Dialogのアカウント管理者は、「共有(Shared with Me)」ワークスペースでアラートや保存された検索戦略を整理してエンドユーザーと共有することができます。組織内のDialogの登録ユーザーは、管理者が作成した検索戦略をいつでも簡単に閲覧、保存、実行することができます。

管理者は、保存した検索戦略やアラート戦略を整理して共有するには、Dialogにログインし、上部のナビゲーションバーから「共有(Shared with Me)」ページを開きます。保存した検索戦略とアラートを整理して保存するために、階層形式のフォルダを作成して管理します。準備ができたら、組織内の他のユーザーは管理者によって保存された共有用の検索戦略を利用することができます。

エンドユーザーは、Dialog の右上にあるワークスペースボタンをクリックして、「共有(Dialog Shared Content)」画面からアカウント管理者が作成して共有したすべての検索戦略を見ることができます。

利用方法

「共有検索戦略」の利用方法については、リンクから2分間のビデオ(英語)で説明しています。

Dialogの新しい共有ワークスペースの使い方については、Dialogサポートデスク 宛てにお問い合せください。

MEDLINEおよびToxFileのリロードについて【重要】

米国国立医学図書館(NLM)は毎年MeSH用語の改訂をおこないます。改訂後のMeSH用語に対応するためにMEDLINEおよびToxFileデータベースのレコードを書き換えるリロード作業が米国東部標準時の2021年1月21日木曜日におこなわれます。...

read more
2021年版MeSH付与レコードの収録開始について

DialogのMEDLINEの2021年版MeSHへの対応についてお知らせします。 MEDLINEの索引済レコードの収録が12月17日より再開されました。Dialogに新たに追加される索引済レコードは、全て2021年版MeSHを反映しています。...

read more
年末年始の営業(サポート受付)時間について

Dialogヘルプデスクの年末年始営業スケジュールは下記の通りとなります。  【電話サポート】  12月28日(月) 短縮営業(10:00 ~ 11:50)  12月29日(火) ~ 1月 3日(日) 休 業   1月 4日(月) 通常営業(10:00 ~...

read more