Dialogアラートの「セルフサービス」機能提供を開始

March 5, 2020

Dialogのアラートを強化する新機能「セルフサービス」が日本時間の3月6日(金)から利用可能になります。

Dialogアラート「セルフサービス」とは、企業の情報管理者が登録したアラートのトピックスを、基本検索のトップ画面に表示し、エンドユーザーと共有するための機能です。

 

このまったく新しい機能を使用すると、情報管理の担当者は、エンドユーザーが購読できるDialogのアラートを作成し簡単に共有することができます。「セルフサービス」のトピックスを利用することで、エンドユーザーは、管理者が登録した高品質なアラートを活用でき、管理者は、検索戦略に関するエンドユーザーからの問い合せに回答する時間を節約することがます。

「セルフサービス」アラートは、情報専門家の価値の証明にも役立ちます。共有アラートを購読しているユーザーを確認し、エンドユーザーの調査ニーズに必要な価値を証明できます。

「セルフサービス」アラートは簡単に作成でき、全てを完全に管理できます。独自のトピックス名(部門、治療領域、薬物の種類など)ごとに整理でき、エンドユーザーがこれらのアラートをいつ利用できるようにするかを決定できます。

すでにDialogアラートを作成している場合は、セルフサービスアラートの作成はすぐに開始できます。 Dialogにログインしたら、Dialog Alerts Managerを開いて「Shared Alerts」リンクをクリックするだけです。

「セルフサービス」では以下のことができます:

  • カスタムトピックスの階層ツリーを作成する(4階層まで可能)
  • トピックスにアラートを登録する
  • トピックス毎のアラートの詳細を確認する
  • トピックスツリーで整理されたアラートを共有する

アラートを共有すると、同一のDialogアカウント(1Admin)内のユーザーは、次のことが可能になります:。

  • 登録されたトピックスのナビゲート
  • 各トピックス内のアラートの表示
  • アラートの購読/購読解除。

Dialogアラートの「セルフサービス」では、エンドユーザーがアラートを使用する頻度やアラートの購読状況をユーザー毎に確認する機能など、いくつかの追加機能を予定しています。

「セルフサービス」の使用を開始する方法についてのご質問は、gsh-help-dialog@cs.jp.fujitsu.com までご連絡ください。

 

MEDLINEおよびToxFileのリロードについて【重要】

米国国立医学図書館(NLM)は毎年MeSH用語の改訂をおこないます。改訂後のMeSH用語に対応するためにMEDLINEおよびToxFileデータベースのレコードを書き換えるリロード作業が米国東部標準時の2021年1月21日木曜日におこなわれます。...

read more
2021年版MeSH付与レコードの収録開始について

DialogのMEDLINEの2021年版MeSHへの対応についてお知らせします。 MEDLINEの索引済レコードの収録が12月17日より再開されました。Dialogに新たに追加される索引済レコードは、全て2021年版MeSHを反映しています。...

read more
年末年始の営業(サポート受付)時間について

Dialogヘルプデスクの年末年始営業スケジュールは下記の通りとなります。  【電話サポート】  12月28日(月) 短縮営業(10:00 ~ 11:50)  12月29日(火) ~ 1月 3日(日) 休 業   1月 4日(月) 通常営業(10:00 ~...

read more
Dialog新機能: Saved Searchesとヘッダーを刷新!
Dialog新機能: Saved Searchesとヘッダーを刷新!

すべてのユーザーにより良い、より効率的な検索体験を提供するために、Dialogプラットフォームの改善が行われました。今回は、新しいヘッダーデザインとワークスペースメニューの統合とSaved Searchesワークスペースです。現在 Dialog...

read more