Dialogアラートの「セルフサービス」機能提供を開始

March 5, 2020

Dialogのアラートを強化する新機能「セルフサービス」が日本時間の3月6日(金)から利用可能になります。

Dialogアラート「セルフサービス」とは、企業の情報管理者が登録したアラートのトピックスを、基本検索のトップ画面に表示し、エンドユーザーと共有するための機能です。

 

このまったく新しい機能を使用すると、情報管理の担当者は、エンドユーザーが購読できるDialogのアラートを作成し簡単に共有することができます。「セルフサービス」のトピックスを利用することで、エンドユーザーは、管理者が登録した高品質なアラートを活用でき、管理者は、検索戦略に関するエンドユーザーからの問い合せに回答する時間を節約することがます。

「セルフサービス」アラートは、情報専門家の価値の証明にも役立ちます。共有アラートを購読しているユーザーを確認し、エンドユーザーの調査ニーズに必要な価値を証明できます。

「セルフサービス」アラートは簡単に作成でき、全てを完全に管理できます。独自のトピックス名(部門、治療領域、薬物の種類など)ごとに整理でき、エンドユーザーがこれらのアラートをいつ利用できるようにするかを決定できます。

すでにDialogアラートを作成している場合は、セルフサービスアラートの作成はすぐに開始できます。 Dialogにログインしたら、Dialog Alerts Managerを開いて「Shared Alerts」リンクをクリックするだけです。

「セルフサービス」では以下のことができます:

  • カスタムトピックスの階層ツリーを作成する(4階層まで可能)
  • トピックスにアラートを登録する
  • トピックス毎のアラートの詳細を確認する
  • トピックスツリーで整理されたアラートを共有する

アラートを共有すると、同一のDialogアカウント(1Admin)内のユーザーは、次のことが可能になります:。

  • 登録されたトピックスのナビゲート
  • 各トピックス内のアラートの表示
  • アラートの購読/購読解除。

Dialogアラートの「セルフサービス」では、エンドユーザーがアラートを使用する頻度やアラートの購読状況をユーザー毎に確認する機能など、いくつかの追加機能を予定しています。

「セルフサービス」の使用を開始する方法についてのご質問は、gsh-help-dialog@cs.jp.fujitsu.com までご連絡ください。

 

共有機能の使い方について

先日Dialogに管理者が保存した検索戦略の共有機能が登場しました。機能の概要については以下リンク先よりブログ記事をご覧ください。 Dialog新機能:検索戦略の共有が可能に!...

read more
Dialog新機能: 検索戦略の共有が可能に!

保存した検索戦略の共有と効率的な管理が可能に Dialogでは、経験豊富な情報の専門家から初めてDialogを利用する方まで、誰もが必要な情報を簡単に見つけられるよう、継続してプラットフォームの機能改善に努めています。...

read more